浮雲

不義にして富めるは浮かべる雲の如しと申候 by 直江兼続 at 小田原城攻め  豊臣秀吉が小田原城を包囲した際、直江兼続が北条氏について秀吉に語ったとされるコトバ。 (参考文献:「戦国武将のひとこと」鳴瀬速夫氏)